やなぎさんについて(2022.04.27)


photo by 堤国夫


歌を口ずさみ、思い浮かべればいつも、心は皆さんと共に。
そう思います。
でももし、話を聞いてほしい時、会いに行きたいという時にはどうぞ、下記へお越し下さい。

静岡県駿東郡小山町大御神888-2
冨士霊園
15区2号1178 園内バス最寄り停留所「こでまり」下車


墓碑銘は「柳澤」です。



大切なお知らせ(2022.02.16)

残念なお知らせをしなければなりません。

まず、事後のご報告となったことを心からお詫び申し上げます。
やぎたこでもソロでも音楽活動を続けてきたやなぎさんが、2月9日 午前11時35分に亡くなりました。

6日の11時30分頃、やぎたこ練習時に倒れて救急搬送され、後の検査で大動脈解離があったと分かりました。
大変な病気だったはずなのに、倒れてから数日間、よく頑張りました。ご家族に会えるよう、待っていたんだと思います。

本人の意向とご家族の希望によりご親族のみでお見送りをして、今日、16日の朝、空へと旅立ちました。
まずは岩手へ帰宅し、しばらくは久しぶりの我が家を満喫するのであろうと思います。

予想もしなかったことですが、やなぎさんのソロ、およびやぎたこのライブ活動はこれで終了です。
これまで、本当にたくさんの方々に良くして頂きました。
言い尽くせないほどの感謝を、やなぎさんの分もここに、お伝えしたいと思います。
今まで、本当にありがとうございました。

六十歳。
少し早過ぎるお別れでした。
まだまだやりたいことがたくさんあった。
本人が一番、無念だったろうと思います。

ゆっくりお別れする機会を作れないのが残念です。
何も出来ずにいることがもどかしくも、申し訳なくもあります。でも、どうか今はご容赦下さい。
その分、時間をかけてゆっくりと、心の中で受け入れられるのを待つことができるかもしれません。

いつか、いろいろなことが落ち着いて穏やかになった頃、やなぎさんの音楽を愛する皆で、それを分かち合えるような場を設けられたらと考えています。

みなさんの心の中にあるやなぎさんの音楽を、これからもずっと大事にしていってほしい。
私もそうします。

まだ信じられない、というのが正直な気持ちでもあります。
皆さんのお気持ちに、すぐにはお返事もできないかもしれないことをお許し下さい。
このようなお知らせをすることになり、本当に残念でなりませんが、ここに、ご報告いたします。

末尾となりましたが、勝手ながらお願いです。
岩手のご住所をご存知の方もいらっしゃるかと思います。
突然のことで誰より驚き悲しんでいるご家族に、お悔やみを伝えたい気持ちも痛いほど分かります。
でも、どうか今は心の中で。
ご家族にしばらくは静かな時間を過ごして頂きたいと強く願っております。ご理解ください。
どうしてもという方はRailway Recordsへアクセスして下さい。
すぐにはお返事できないかもしれませんが、必ず、時期を見てご家族にお伝えします。お約束致します。
どうか何卒、よろしくお願い致します。

2022年2月16日 やぎたこ 辻井貴子